デコルテに出来たイボは市販薬で治せる?

デコルテにできるイボというのは意外に目立つものですよね。
女性の場合はネックレスに引っかかって炎症を起こしてしまう可能性もありますし、ファッションで誤魔化すにも限界があります。
デコルテにできたイボを治す市販薬はないのでしょうか?

 

 

◆イボの市販薬にはどんなものがある?

 

イボを治療するための市販薬は主に
・絆創膏
・軟膏またはクリーム
・飲み薬
といった形状で販売されています。

 

絆創膏や軟膏タイプはイボ患部に直接貼ったり塗ったりすることで角質を柔らかくし、イボが自然にとれるようにしてくれます。
飲み薬の場合は肌のターンオーバーを活性化させて古い角質ごとイボがとれるよう促す効果があります。

 

市販薬でもある程度の効果はあると言われていますが、実はデコルテに使うことができるのは飲み薬のみ。
絆創膏や軟膏タイプは皮膚が薄いところには使用できないことになっているので、デコルテには使えないのです。

 

ですから、もしもデコルテにできたイボを市販薬でなんとかしたいと考えているのなら、飲み薬しかないということを頭に入れておきましょう。
イボに効く市販薬はイボコロリなどがありますので、薬局などで確認してみてくださいね!

 

 

◆スキンケアでイボを改善するなら艶つや習慣がオススメ

 

市販薬ではなく、スキンケアでイボを改善する方法もあります。
イボに効果的だと言われているヨクイニン(ハトムギ)エキス、杏エキスを配合している艶つや習慣がオススメですよ。

 

ヨクイニンエキスは昔からイボとり効果があるとして使用されており、現在でもイボ治療で処方されている成分です。
保湿効果が高く、角質ケアができるのでスキンケア商品にもよく使われていますよね。

 

杏エキスにはパルミトレイン酸という脂肪酸が豊富に含まれていて、肌のターンオーバーを整えてくれる作用があります。
加齢によって不足しがちなパルミトレイン酸を補うことで、古い角質をよりスムーズに排出するサポートをしてくれるんですね。

 

イボは皮膚疾患ですから肌に直接アプローチした方が効果を実感しやすいですよね。
艶つや習慣はスキンケアもできるオールインワンジェルなので、市販薬とは違ってイボに塗って使うことができますよ。

 

デコルテはもちろんですが、顔や手足などにも使えるのが魅力的ですよね。
毎日塗ることでイボを予防することもできますから、スキンケアも同時にできる艶つや習慣にすれば安心です♪

 

 

イボがデコルテにできたときには市販薬や艶つや習慣を使って自宅でケアしてみましょう!

 

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

関連ページ

デコルテにできるイボの種類を知ろう!
デコルテにできるイボの種類はさまざまです。デコルテにできやすい種類のイボにはどんなものがあるか知りたい方はこちらをチェックしてみてくださいね!
デコルテにできるイボを予防するためのポイントとは?
デコルテにできるイボを予防したい方は必見♪デコルテのイボ予防に大切なポイントをおさえておきましょう!
ウイルス性イボは病院で治療するのが大切!
ウイルス性イボをセルフケアするのは危険!?病院で治療すべきウイルス性イボとはどんなものかチェックしましょう!
妊娠中のイボを液体窒素で取っても良いの?
妊娠中のイボは液体窒素で治療しても大丈夫なのでしょうか?妊娠中のイボを液体窒素で取るときの注意点やセルフケアはココからチェックできます!