ヨクイニンはなぜイボに効くといわれているの?

イボの治療にはヨクイニンが内服薬として処方されることがあります。
これはヨクイニンに含まれるコイクノライドという成分の効果があってこそなのですが、イボにどのように働きかけてくれるのか気になりますよね。
今回はヨクイニンのイボへの効果をまとめました。

 

 

◆新陳代謝を高めて肌を再生する

 

ヨクイニンには新陳代謝を促進する効果があります。
老人性のイボは肌が老化し、古くなった角質が小さく固まってしまったもの。
新陳代謝が活性化されるとターンオーバーによって古い角質が取り除かれ、肌が新しく再生されます。

 

ヨクイニンはイボが自然と剥がれ落ちるのを助けてくれますし、ザラついている肌もなめらかにしてくれるんですね。
顔や二の腕にできる小さなポツポツや凸凹も改善してくれますよ。

 

 

◆免疫力を向上させてくれる

 

ヨクイニンには免疫力を高める効果もあり、アレルギーやウイルスを抑制する働きがあると考えられています。
ヒトパピローマウイルスによってできる尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)というイボは、小さな傷口からウイルスが侵入して皮膚細胞が変化します。
免疫力を向上させることでウイルスの活動を妨げ、予防することができます。

 

さらに肌の炎症を抑えますから、すでにできてしまったイボが悪化するのを防いでくれる効果も期待できますよ♪
膿んでしまったニキビにも効果があるので使ってみると良いかと思います。

 

 

◆肌を保湿してバリア機能を高める

 

ヨクイニンには保湿効果もあります。
肌に水分が不足していると乾燥し、バリア機能が低下してしまいますよね。
乾燥肌は外部刺激を受けやすく、摩擦や紫外線によって老化してターンオーバーが正常にできなくなります。
保湿してバリア機能を高めることでターンオーバーが働き、イボができるのを抑制してくれるわけです。

 

 

◆胃腸の働きを整えて肌を元気にする

 

あまり知られていませんが、ヨクイニンには胃腸を整える作用もあります。
胃腸の調子が悪いと肌荒れやニキビができますよね。
これは胃腸機能が低下することで肌への栄養が不足することが原因。

 

ヨクイニンを内服すると胃腸機能が整えられ、肌が健康でいるための栄養や水分が届けられるので調子が良くなるそうです。

 

 

ヨクイニンはさまざまな効果によってイボに働きかけてくれる成分なんですね!
ヨクイニンは内服薬や漢方、お茶を飲んでも摂取することができますし、スキンケアとしても使うことができます。
自分に合った方法で取り入れやすいので一度試してみてはいかがでしょうか♪

 

関連ページ

ヨクイニンの副作用ってどんなもの?
ヨクイニンを摂取するときの副作用についてまとめました。ヨクイニンの副作用や注意点を確認しましょう!
妊娠中にヨクイニンを取り入れても大丈夫?
妊娠中にヨクイニンを取り入れることは可能なのでしょうか?ヨクイニンを妊娠にとるときの注意点やポイントはココからチェックしてみてください!
ヨクイニンを使った化粧品ならこれがオススメ!
ヨクイニン配合の化粧品で肌トラブルを解消しましょう!ヨクイニンを使ったオススメの化粧品をご紹介しています♪