妊娠中にヨクイニンを摂ったら赤ちゃんに影響ある?

ヨクイニンはお茶や漢方などで取り入れることができる美肌成分ですが、妊娠中に飲んでも問題はないのでしょうか?
妊娠中にヨクイニンでイボをケアする場合に注意するべきことがあるそうなので、飲み始める前に確認してみてください!

 

 

◆ヨクイニン配合の化粧品を使う場合

 

ヨクイニンはスキンケアや化粧品によく使われている成分です。
成分名はヨクイニン、またはハトムギと表記されています。

 

化粧水や乳液、クリームなどのスキンケアや化粧品に配合されている場合のヨクイニンは、使用するうえで特に注意することはありません。
化粧品に使われている成分量では副作用の可能性はほとんどないからですね。

 

妊娠中は肌質が変化しやすいデリケートな時期です。
普段は肌トラブルがない方でも化粧品の成分に反応してかゆみや赤みが生じることがあったり、肌が乾燥しがちになります。

 

妊娠中のスキンケアは保湿を重視して、いつもより丁寧に行うようにすると良いですよ♪
肌トラブルがあったときは早めに皮膚科を受診しておくと安心です。

 

 

◆ハトムギ茶(ヨクイニン)を飲む場合

 

ヨクイニンを手軽に摂取できて人気なのがハトムギ茶です。
子供からお年寄りまで幅広い年齢の人が飲めるクセのないお茶なので、妊娠前からハトムギ茶を愛用している方もいるかもしれませんね。
実は、妊娠中にハトムギ茶を飲む場合には注意が必要です。

 

ハトムギ茶を飲むと余分な水分を排出してむくみをとることができるので、むくみやすい妊婦さんには良さそうですよね。
しかし、ヨクイニンには身体を冷やす作用があるので冷え性を悪化させる恐れがあります。

 

胃腸の働きを活性化させるのもヨクイニンの作用のひとつです。
便秘解消にはとても良いのですが、妊娠中は胃腸がよく動くことで子宮が圧迫されて張ってしまうことがあるんです。

 

身体を冷やして、子宮を圧迫してしまうハトムギ茶は妊娠中にはオススメできません。
流産や早産になる可能性もあるので、どうしても飲みたい場合にはかかりつけの医師に相談したうえで1日1杯までにしておきましょう。
冷たいものではなく、温かいお茶にすることも大切です。
体調がすぐれないときには絶対に飲まないようにしてくださいね。

 

 

妊娠中は肌トラブルも多くなりがちで体調が変動しやすい時期。
イボや肌荒れ予防のためにもヨクイニンをうまく取り入れていくと良いと思います。
妊娠中は基本的にはスキンケアで対応するようにし、セルフケアが難しい場合には皮膚科で治療するのも大切ですよ!

 

関連ページ

ヨクイニンの副作用ってどんなもの?
ヨクイニンを摂取するときの副作用についてまとめました。ヨクイニンの副作用や注意点を確認しましょう!
ヨクイニンはなぜイボに効果があるのか知りたい!
ヨクイニンがイボに効く理由って気になりますよね。ヨクイニンのイボへの効果を詳しくまとめてみましたよ。
ヨクイニンを使った化粧品ならこれがオススメ!
ヨクイニン配合の化粧品で肌トラブルを解消しましょう!ヨクイニンを使ったオススメの化粧品をご紹介しています♪