ヨクイニンに副作用ってあるの?

ヨクイニンははと麦の種子を剥がした種子であり、イボとりや肌荒れに効果がある美肌成分として有名です。
漢方薬や化粧品にも使われているヨクイニンには副作用はあるのでしょうか。
気になるヨクイニンの副作用について調べてみましたよ。

 

 

◆ヨクイニンにはどんな効能があるの?

 

まずはヨクイニンの効能についてみていきましょう。

 

▽幅広い肌トラブルに効果があります!

 

ヨクイニンには皮膚の健康を維持するビタミンB群やナイアシンが豊富で、皮膚の新陳代謝を活性化させる作用があります。
角質に働きかけて保湿する作用もあるためイボやニキビ、肌のざらつき(鮫肌)が改善されます。
アトピー肌にヨクイニンを投与したところ、症状が改善したという研究データもあるようですね。

 

▽風邪や気管支喘息を改善

 

免疫力を高めてくれるので風邪のひき始めにはよく聞き、慢性的な気管支喘息を改善できるとも言われているんです。

 

▽老廃物を排出して身体スッキリ!

 

はと麦には食物繊維が豊富かつ利尿作用がありますから、便秘改善やデトックス効果もあります。
体内にある余分な水分や老廃物を排出するとホルモン分泌や内臓の働きが活発になるので、身体が軽くなってスッキリできるんだそうですよ♪

 

 

◆ヨクイニンの副作用

 

ヨクイニンは植物由来の成分ですから、化粧品に使われているぶんには副作用の心配はありません。
しかし、漢方薬やハトムギ茶として飲むときには副作用や注意点をよく確認する必要がありますので詳しくご紹介しますね。

 

▽漢方薬として飲む場合

 

ヨクイニンを生薬とした漢方薬にはこのような副作用があります。
・吐き気、腹痛
・下痢
・かゆみや発疹、じんましん
漢方薬は市販薬よりも副作用が少ないと言われてはいますが、体調が著しく悪くなった場合には飲むのを中断するようにしましょう。

 

漢方薬は基本的にいくつかの生薬を組み合わせています。
麻黄(マオウ)という生薬は交感神経を刺激する働きがあり、高血圧や心臓病を患っている方は症状が悪化してしまうことがあります。
ヨクイニン以外の成分をよく確認してから飲み始めるようにしたいですね。

 

▽ハトムギ茶として飲む場合

 

ハトムギ茶は健康や美容に良いのですが、妊娠中には絶対に飲んではいけません。
ヨクイニンは身体を冷やしたり、胃腸の働きを良くする働きがあります。
健康な状態であれば特に問題はありませんが、妊娠中ですと流産や早産の原因になってしまう可能性があるんです。

 

妊娠中にお肌のことで悩んだときにはお茶ではなく、ヨクイニン配合のスキンケアや化粧品などを使用するようにしてください♪

 

関連ページ

ヨクイニンはなぜイボに効果があるのか知りたい!
ヨクイニンがイボに効く理由って気になりますよね。ヨクイニンのイボへの効果を詳しくまとめてみましたよ。
妊娠中にヨクイニンを取り入れても大丈夫?
妊娠中にヨクイニンを取り入れることは可能なのでしょうか?ヨクイニンを妊娠にとるときの注意点やポイントはココからチェックしてみてください!
ヨクイニンを使った化粧品ならこれがオススメ!
ヨクイニン配合の化粧品で肌トラブルを解消しましょう!ヨクイニンを使ったオススメの化粧品をご紹介しています♪